カフェ気分で聴くCD。クールでホットなカフェミュージックを・・・

カフェスタイル、カフェムードの雑貨、インテリアや音楽、CDで、オリジナルなカフェ空間を作る●カフェを開きたい人やカフェを知りたい人は カフェの本がオススメ●カフェの種類も色々で、カントリーやモダン、レトロ。自宅では、最もリラックスした心地よい「おうちカフェ」スタイルを!
Cafe Style
and Mood
●カフェスタイル&カフェムードの雑貨,グッズ,キッチン用品. カフェ気分なアメリカンガレージやシャビーシック,ジャンクスタイル
●ラスティック,アンティーク,フレンチカントリー,森ガール的ゆったりファッション,絵になるカメラ,女子カメラ&トイカメラ
●その他カフェ本&DVD,洋カフェ&和カフェミュージックCD,今話題の食品,睡眠&快眠グッズ等ご紹介
「じぶんちカフェ派」「おうちでカフェ派」のカフェ雑貨やインテリアをご紹介
Cafe Style
and Mood

洋ミュージックカフェ  ホット・カフェ


カフェ本
和カフェミュージック
カフェDVD

照明機器・ペンダント&シーリングライト
シャビーシック・ジャンクスタイル&ラスティ
トースター
キッチンスケール,計り
20世紀ミッド
センチュリーカフェ


ジャジー・ボサノバ ラウンジ ひんやりクール ホット
アプレミディ ドラマチック ポストパンク フォークブルース
ヒーリング フレンチ スカっとさわやか カバー
レトロモダン レトロポップ シューゲイザー エレポップ
和カフェ 南国

High Times: Singles 1992-2006
High Times: Singles 1992-2006
from US Import
Jamiroquai(ジャミロクワイ)
1,890円
ダンサブルでクール。スティービーワンダー継承者。ホットなR&Bとファンクのニュースターのいさぎよい1枚ポッキリのシングル集であり、実質上のベスト盤。

バック・トゥ・ベッドラム
(初回限定スペシャル・プライス)
[Limited Edition]
ジェイムス・ブラント
1,782円
数々のビッグ・ネームを抑え、デビュー・アルバムが2005年イギリス最大のヒット・アルバムに!イギリスの吟遊詩人にして、稀代のメロディー・メーカー、ジェイムス・ブラント、いよいよ日本デビュー!2004年10月のデビュー以来、彼の音楽は静かに、しかし熱く、UK音楽シーンに深く浸透。遂には2005年7月、本デビュー・アルバムとセカンド・シングル「ユア・ビューティフル」が全英アルバム&シングル・チャートで、同時にNo.1に輝くという快挙を成し遂げた。そして、その記録は、実に6週もの間続くという異常事態に!【初回生産分】初回限定スペシャル・プライス\1,980(税込)
【プロフィール】
イギリスの吟遊詩人にして、稀代のメロディー・メーカーであり、元NATOの和平部隊軍人として、コソボでの勤務を経験したという異色のキャリアを持つアーティスト。2004年10月のデビュー以来、彼の音楽は、静かに、しかし熱く、UK音楽シーンに深く浸透。遂には2005年7月、デビュー・アルバム『バック・トゥ・ベッドラム』とセカンド・シングル「ユア・ビューティフル」が、全英アルバム&シングル・チャートで、同時にしかも6週間連続No.1に輝くという快挙を成し遂げた。

ダニエル・パウター
(初回限定スペシャル・プライス)
[Limited Edition]
ダニエル・パウター
1,980円
全米3週連続1位と大ヒット中の新時代のピアノ・マン、ダニエル・パウター
daniel powterの各曲の視聴は、こちらのページで出来ます♪

?r???[?e?B?t???E?\???O?X~?R?R?? ?f ?L?N ?E?^~
ビューティフル・ソングス~ココロ デ キク ウタ
オムニバス
2,630円
新時代のシンガーソングライター、全英シングル・アルバム6週連続1位、そして全米 NO.1にも輝き、全世界大ブレイク中のジェイムス・ブラントを始め、全米3週連続1位と大ヒット中の新時代のピアノ・マン、ダニエル・パウター、さらに、2006年1月の来日に続いて フジ・ロック 2006にも登場が決定したジェイソン・ムラーズ、2006年4月の来日公演も好評なクレイグ・デイヴィッド、2006年4月12日にアルバムをリリースしたばかりの、ジャックス・マネキン、など今、旬の実力派からR.E.M.、ジュエル、といった大物アーティストまでここちよく、パッケージにした 新しいコンセプトのコンピレーション・アルバムが登場!!

X&Y [from US] [Import]
Coldplay
1,588円
全世界で1600万枚以上売れている前2作に続く待望の3rdアルバム♪

Definitely Maybe
[from US] [Import]
Oasis(オアシス)
1,168円
オアシスのファーストにして、傑作。
90年代後半のロックシーンに君臨したスーパーバンド、オアシスのデビューアルバムである。 ライブのラストナンバーとして演奏されることも多い『ロックンロール・スター』がオープニングだ。バンド、というよりギャラガー兄弟のすさまじい上昇志向と、「オレはオレでなければならない」という激しい自己肯定が、オーソドックなロックンロールミュージックのなかで高らかに打ち鳴らされている。サウンド的には荒削りなところも多いが、むしろそれが勢いとなっているのがすばらしい。

(What's The Story) Morning Glory?
[Enhanced] [from US] [Import]
Oasis(オアシス)
1,284円
オアシスの傑作2nd。
とにかく捨て曲が1つもなく、超絶&もん絶の名曲たちが、ゾクゾクと流れだす。「もはやすべての音楽的アイデアは出し尽くされた」といわれた20世紀末。聴く者の心を一発でとらえ、思わず一緒に歌いたくなるメロディを奏でる、彼らのようなバンドが現われるとは、誰が予想しただろうか? 不遜ともいえるライブパフォーマンスと、リアム・ギャラガーの奔放な言動も話題となり、全世界で大ヒットを記録した傑作。

Stop the Clocks
Stop the Clocks
from US Import
Oasis(オアシス)
2,145円
このまま伝説に祭り上げられてしまうには若い…。そんなオアシス。だが、確実にその日は近い。現代のビートルズ…と言うには大げさだが、そう称される貫禄とメロディーを持っているのは、確かな事実だと思える。

U218 Singles
U218 Singles
U2(ユーツー)
1,680円
2006年においてデビューから現在までのシングルを纏めたアルバム。事実上のベスト盤と言えるものになっているのは「いかに今まで売れて来たか」「着実にステップアップしてきたか」を証明するアルバム。内容は充分充実したもの。特に、初めてU2を聞く方には充分だと確信する。

?{?[?C
ボーイ
U2(ユーツー)
1,680円
デビューアルバムにして最高傑作と言える一枚。下の「War」を合わせてベストアルバムと考えられなくもない。「全く違うバックボーンを背負ったパンク精神を持ったバンド」といった感じで、切なくもある。

War
War
from US Import
U2(ユーツー)
1,377円
上の「ボーイ」と合わせてベスとアルバムとして聞いても良い。初めてU2を聞く方にもオススメ。「全く違うバックボーンを背負ったパンク精神」を持ち、「ボーイ」よりさらに切なく…。


ピクチャーズ・フォー・プレジャー チャーリー・セクストン
ピクチャーズ・フォー・プレジャー
チャーリー・セクストン
1,744円
68年生まれのチャーリー・セクストン。8歳でギターに触れ、13歳でバンドを結成し、14歳にしてボブ・ディランのレコーディングに参加する。その後も高名なロックミュージシャンたちとの競演を重ね、86年、17歳で彼は初のソロである本作を発表する。 疾走感のある<2>でさっそうと登場し、ギタリストとしての腕前だけでなく、やたら箔のあるヴォーカルも披露した。マット・ディロンばりのルックスもあって、日本では「チャリ坊」などと呼ばれ、洋物アイドル好きの人たちに大ウケした。MCAレコード期待の大型新人チャーリー・セクストンのヒット曲「ビーツ・ソー・ロンリー」を含むデビュー・アルバム。弱冠17歳でハンサム・ボーイの容姿からは想像出来ないしっかりした骨太のヴォーカルが魅力。


Songs About Jane Maroon 5
Songs About Jane [FROM US] [IMPORT]
Maroon 5
1,609円
マルーン5 は、R&Bとロックを融合させたはじめてのバンドではないが、最も説得力のあるバンドのひとつであるのはたしかだ。まるで、ドレッドヘアの男スティービー・ワンダーが、ディープでファンキーなグルーヴにあわせて騒々しく語りかけているように聞こえるかもしれない。本作で最高の瞬間は、マルーン5 がオルガンの揺れる音色と大げさなヴォーカルを取りそろえて、後期のモータウン・サウンドを彷彿させるときだ。最悪の瞬間は、クローズ・ハーモニーとやたらと伸ばす音によって、型どおりのボーイズ・バンドのように聞こえるときだ。けれども、そうした音楽的なばらつきがあるにもかかわらず、マルーン5はどこまでも魅力的なグループである。これも、脈打つベースライン、フックのある楽曲、リードシンガーであるアダム・レヴィンの堂々たるヴォーカルのたまものだ。


Hotter Than July (Rmst)
Hotter Than July (Rmst) [ORIGINAL RECORDING REMASTERED] [FROM US] [IMPORT]
Stevie Wonder(スティービーワンダー)
1,180円
1980年に本作がリリースされるころには、スティービー・ワンダーの最も実り多き時代はすでに終わりを告げていた。一連の大成功は1972年の『Music of My Mind and Talking Book』に始まり、1973年の『Innervisions』、1974年の『Fulfullingness' First Finale』を経て1976年の『Songs in the Key of Life』で終息に向かっていた。けれども、ワンダーの魔法はまだ十分に残っていた。それ以前の作品のスケール感やトータル性には及ばないが、本作には以前と変わらぬ素晴らしい作品も残されていて、たとえば、後悔の念にあふれた「I Ain't Gonna Stand For It」や、大ヒットしたマーティン・ルーサー・キングJr.牧師への賛歌「Happy Birthday」がある。また、レゲエを取り入れた「Master Blaster (Jammin')」は、しばしば真似されるクラシックナンバー(エルビス・コステロの「Watching the Detectives」を聴けばよくわかる)である。


20 Beat Classics
20 Beat Classics
Georgie Fame & the Blue Flames [BEST OF] [FROM UK] [IMPORT]
1,549円
あの、しゃがれ声にグルービーなキーボードのジョージィ。 若々しく、ホットな時代があったのだ。ね?ジョージィ。 モッドでいこう。


ゴーイング・ホーム
ゴーイング・ホーム
ジョージィ・フェイム
1,696円
60年代から活躍し続けるイギリスの名キーボーディスト。彼が残した名盤のひとつが、待望の復活を遂げた。何度聴いても飽きのこない、グルーヴィで爽快なサウンドがセールス・ポイントだ。

cover
No Comprendo
No Comprendo [FROM US] [IMPORT]
Les Rita Mitsouko (レ・リタ・ミツコ)
1,915円
オリジナル盤発売日: 1986

1.Histoires D.A. 2.Andy 3.C'Est Comme  4.Vol de Nuit 5.Someone to Love 6.Stupid Anyway 7.Soir un Chen 8.Bad Days 9.Tonite 10.Nuit d'Ivresse 11.Andy [English Version]

初めて聴いたのは、私が大中吉祥寺店でバイトをしていた頃のこと。1988年頃だろうか・・・。当時の大中は、変わった人達が集まる楽しいお店でした(しみじみ)。 このチープな音のアルバムに、フレンチなのに、なぜかグラムロックの臭いを感じたものでした。 それもそのはず、
デビッド・ボウイのプロデユースで知られるトニー・ビスコンティの手によるモノですから・・・。


AROUND THE WORLD IN A DAY


Prince And The Revolution/Parade: Music...
AROUND THE WORLD IN A DAY [FROM US] [IMPORT]
Prince & the Revolution (プリンス)
1,180円

Prince And The Revolution/Parade
Music From The Motion Picture Under The Cherry Moon [SOUNDTRACK] [FROM US] [IMPORT]
Prince & the Revolution
1,180円
ビートルズのサージェントペパーズが、時を経てファンクになって蘇った・・・そんな恍惚感を感じられる、プリンスによる天才的なアルバム。プリンスのサイケ路線の代表2作品です。

No Image

ザ・ベスト
ザ・ベスト
アダム&ジ・アンツ
2,394円
デュラン・デュランと並び、ニューロマンティックの雄だったアダム&ジ・アンツ。今聴いても、耳に小気味いい。


Let Love Rule
Let Love Rule [FROM US] [IMPORT]
Lenny Kravitz (レニー・クラビッツ)
1,311円
レニーひとりで録音された物・・・その、チープさ、シンプル加減が、とても心地いいです。特にレット・ラブ・ルールのノンリバーブ感が熱いです。贅肉のない心地よさを感じられます。


The Best Of Santana
The Best Of Santana [BEST OF] [FROM US] [IMPORT]
Santana
2,078円
1.Jingo 2.Evil Ways 3.Black Magic Woman/Gypsy Queen 4.Oye Como Va 5.Samba Pa Ti 6.She's Not There 7.No One to Depend On 8.Open Invitation 9.Hold On 10.Bella 11.Winning 12.All I Ever Wanted 13.Dance Sister Dance (Baila Mi Hermana) 14.Europa (Earth's Cry Heaven's Smile) 15.Everybody's Everything 16.Soul Sacrifice

サンタナのベスト盤はこれでキマリ。「Black Magic Woman」「Evil Ways」「Oye Como Va」「Europa」など。安心して聴けるサンタナ・ベスト盤。

On the Beach
On the Beach
On the Beach
[Limited Edition] [Enhanced] [from UK] [Import]
Neil Young (ニール・ヤング)
2,298円
ジャケット、タイトル、そして、内容の陰鬱さとのギャップが切ない1枚。

cover
After The Gold Rush
After The Gold Rush [FROM US] [IMPORT]
Neil Young (ニール・ヤング)
1,180円
夕暮れ時が、よく似合うアルバムです。昔、深夜に放映していたTV番組「やっぱり猫が好き」のエンディングテーマに使われてました。

Harvest
Harvest
Harvest [from US] [Import]
Neil Young (ニール・ヤング)
1,080円
ニール・ヤングのミュージシャンとしての存在を絶対的なものにしたのが、本作。


グレイテスト・ヒッツ
グレイテスト・ヒッツ [LIMITED EDITION]
T.レックス
2,520円のところ 2,394円
グラム・ロックのアイドルであり、カリスマ。マーク・ボランのTレックス・ベスト。


果てしなき反抗
果てしなき反抗
ジャパン
2,520円のところ 2,394円
ねちっこいサウンド、そして、ボーカル。ジャンル分けを拒絶する音楽。

78年に発表され本国英国では振るわなかったが、日本では大ヒットとなったデビュー作。英ニルヴァーナのレイ・シンガーをプロデュースに迎えニューウェイヴと黒人音楽が融合したサウンドを聴かせる。


Purple Rain (1984 Film)
Purple Rain (1984 Film)
[FROM US] [IMPORT] [SOUNDTRACK]
Prince & The Revolution (プリンス)
1,180円のところ 1,003円
1.Let's Go Crazy 2.Take Me With U 3.The Beautiful Ones 4.Computer Blue 5.Darling Nikki 6.When Doves Cry 7.I Would Die 4 U 8.Baby I'm A Star 9.Purple Rain
どの曲も、どこか切なく懐かしい。プリンスの出世作。一気に80年代へとタイムスリップさせてくれる。

cover
すべての若き野郎ども
すべての若き野郎ども
モット・ザ・フープル
1,835円のところ  1,744円
主題曲「すべての若き野郎ども」から、勇気と切なさと青春を与えてもらえます。それでいて、押しつけがましくない。

cover
The Idiot
The Idiot
[FROM US] [IMPORT]
Iggy Pop
1,395円
パンクの教祖的存在「ゴッドファザー・オブ・パンク」・・・。デビッド・ボウイ&トニー・ヴィスコンテイの全面協力によるソロデビュー作。デビッド・ボウイは、その後何度と無くイギーを助けてきた。それは、単に「友情」と言うだけでなく、イギーの才能を信じており、イギーが酒とドラッグにあやつられて、奇行を繰り返すだけのダメ人間などではなく、立派にビジネスとして成功する逸材であることを世に知らしめたい・・・そんな、深い愛情を感じるのだ。

cover
Lust for Life
Lust for Life
[FROM US] [IMPORT]
Iggy Pop
オリジナル盤発売日: 1977
980円
イギーのソロデビュー作「Idiot」と同じく本作も、デイヴィッド・ボウイとドニー・ヴィスコンティが全面的に手を貸している。イギー・ポップ以外の人物でなければ、デビッド・ボウイの形を変えたアルバムに成り下がってしまうところだろう。しかし、そこはイギー・ポップ。どんなにボウイが手を貸しても、イギー以外の何者でもない超強力な存在感を見せつける。英国ヒットチャートで28位。
「Neighborhood Threat」はボウイの「Tonight」で、ボウイ本人がカバーしている。酒やドラッグから見事に生還し、ボウイと共に分かち合い、ヨロコビを表現しているかのようなアルバム。

cover
Blah Blah Blah
Blah Blah Blah
[FROM US] [IMPORT]
Iggy Pop
オリジナル盤発売日: 1986
1,395円
デビット・ボウイ全面協力によるイギー・ポップA&M移籍第1弾。イギー・ポップの作品としては、これほどポップでカジュアルなアルバムは無いのではないだろうか。しかし、イギーの野太い声が心地よく、アルバム全体に漂うドライブ感は、その声が作り出しているのがよく分かる。だが、型にはまりきらないところが、イギー・・・である。ボウイとの10曲目はCDのみ。そんな、イギーの魅力を良く知っているボウイだからこそ作ることが出来た一枚だと思う。カッコイイ。気持ちイイ。大人っぽい。ただ、イギーファンの間では、大きな評価は得られていない。

cover
イギー・ポップ&ザ・ストゥージズ
イギー・ポップ&ザ・ストゥージズ
イギー・ポップ&ザ・ストゥージズ
1,696円
69年発表のファースト・アルバム。デトロイト・サウンドと呼ばれるラウドサウンドである。「アイ・ワナ・ビー・ユア・ドッグ」・・・”お前の犬になりたい”。・・・もっともパンクらしいメッセージである。暴力=パンクのルーツと言えるこのアルバム。「アイ・ワナ・ビー・ユア・ドッグ」はボウイも、ツアーなどでカバーしている。ピストルズは「ノーファン」カバーしている。デビッド・ボウイが好んでカバーする曲として、ベルベットアンダーグランドの「Im Waiting For The Man」「White Light, White Heat」と並び、イギーのこの「アイ・ワナ・ビー・ユア・ドッグ」はボウイファンの間では超有名。ベルベットアンダーグランドのジョン・ケイルはプロデューサーであるが、実は、殆どイギーのてによるもの。その事実から考えれば、イギーがただの暴れん坊っていう訳ではなく音楽的にもプロデューサーとしても才能があることがよく分かる。
ちなみに、ジョン・ケイルは「ウィ・ウィル・フォ−ル」でヴィオラを弾いている。

cover
ファン・ハウス
ファン・ハウス
イギー・ポップ&ザ・ストゥージズ
1,696円
ダムドが「 1970 」をカヴァー。イギー・ポップ&ザ・ストゥージズのセカンドアルバム。時代を先取り・・・なんて生やさしい物じゃありません。 先進的な楽器を使えば、先進的な音楽ではなく、イデオロギーをそのまんま表現することが先進であることを痛感させられる。そんなアルバム。暴力的であるが故に、先進とはかけ離れているかのようだが、それは違う。デビッド・ボウイは、それを見抜いていたのだろう。いや、見抜く力があるからこそ、デビッド・ボウイが存在するのだ。

cover
Raw Power (Rmst)
Raw Power
(Rmst) [FROM US] [IMPORT]
Iggy Pop & The Stooges
1,395円
1973年発表のオリジナルはデビッドボウイが共同でミックスを担当。数十年も経ってイギー自身が手がけた。何を語るよりも、聴くべし。

cover
Instinct
Instinct
[FROM US] [IMPORT]
Iggy Pop
オリジナル盤発売日: 1988
813円
ギターに元ピストルズのスティーブ・ジョーンズを起用・・・などと語る気持ちはない。イギーは、そこに「ストン」と存在する。時の流など関係なく、まるで、惑星のように「ストン」とのそこに存在するのだ。周りの空間は、磁力で歪む。もちろん、宇宙のありとあらゆるモノに、時の流や歴史、経緯はある。それを感じさせない存在。それがイギー。宇宙旅行をしていると、突然、我々の目の前に現れ、「ストン」と存在し、その存在感を誇示したまま、いつかパッと消える。四次元と言うより、三次元の立体的な存在感。

cover
ウィ・アー・ノット・トーキ...
ウィ・アー・ノット・トーキング・アバウト・コマーシャル・シット!
イギー・ポップ&ザ・ストゥージズ
1,995円
イギーが演った他のアーティスト達のカヴァーを収録。何を演奏し、唄おうがイギーはイギー。そこにイギーがいなければ、こういう音にはならない。今まで、イギーに迫るパフォーマンスが出来るアーティストは・・・ 一人だけいた。日本のパンクバンド、スターリンの遠藤みちろうだけだ。

cover
Hounds of Love
Hounds of Love [FROM US] [IMPORT]
Kate Bush (ケイト・ブッシュ)
1,311円
「愛」と言うひとことでは、言い表せない「愛」を感じることが出来るアルバムです。
冬に聴くと、体温の上昇まで感じられる・・・とは、言い過ぎかも知れませんが、それほど、包容間のあるアルバムです。


Tin Drum [LIMITED EDITION] [ORIGINAL...
Tin Drum [LIMITED EDITION]
[ORIGINAL RECORDING REMASTERED] [FROM US] [IMPORT]
Japan (ジャパン)ブリキの太鼓
1,311円
変化を続けたジャパンの集大成。ここちいいウネリに身を任せてみませんか?

cover
デジャ・ヴ
デジャ・ヴ
クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング
2,039円のところ  1,835円
映画「ウッドストック」のエンディングに使われた5曲目のウッドストック・・・勇気と望郷と愛と夢とが入り交じった曲です。その他、素朴なブルースに最高のコーラス。古き良きアメリカ、砂ぼこり舞う西部、平原・・・そんなものを感じます。
ニール・ヤングが参加した中でもベストと思える作品。

cover
Lennon Legend: The Very Best Of John...
Lennon Legend: The Very Best Of John Lennon
[BEST OF] [FROM US] [IMPORT]
John Lennon
1,280円
言わずと知れたジョン・レノン。全曲好きです。

1.Imagine 2.Instant Karma! 3.Mother [Single Edit] 4.Jealous Guy 5.Power to the People 6.Cold Turkey 7.Love 8.Mind Games 9.Whatever Gets You Thru the Night 10.#9 Dream 11.Stand by Me 12.(Just Like) Starting Over 13.Woman 14.Beautiful Boy (Darling Boy) 15.Watching the Wheels 16.Nobody Told Me 17.Borrowed Time 18.Working Class Hero 19.Happy Xmas (War Is Over) 20.Give Peace a Chance


ナイトフライ
ナイトフライ
ドナルド・フェイゲン
1,652円
アメリカンロックを代表するスーパーバンド、スティーリー・ダンの中心メンバーだった彼が、バンド解散後の82年に発表した初のソロアルバム。ウエストコースト特有の乾いたロックンロールを基軸に、ジャズ、ソウル、R&Bなどの多彩な音楽要素をフィーチャーしたそのサウンドは、まさにタイムレス。広い意味で、ポップミュージックの楽しさ、気持ちよさをここまで追求した作品は本当に希少だと思う。細部までしっかり構築されたアレンジワーク、楽曲自体の質の高さを含め、文句ナシの大傑作。

Blufunk Is a Fact!
Blufunk Is a Fact!
Blufunk Is a Fact!
[from UK] [Import]
Keziah Jones (キザイア・ジョーンズ)
4,155円
このアルバムの存在を、人から教えてもらった頃、素直に受け入れられなかった。刺激が強すぎて、、、いや、カッコ良すぎて「なんだ、こんなの・・・」と、ひねくれたくなるほど、、、カッコ良すぎたのだ。今なら、少しは落ち着いて聴く事ができるが、14年もの月日が経ってしまった。キザイアは、そのくらい進んでいたのだ。

Cafe CD MENU
ジャジー・ボサ・カフェ ラウンジ・カフェ ひんやり・クール・カフェ ホット・カフェ
アプレミディ・カフェ ドラマチック・カフェ ポストパンク・カフェ カバー・カフェ
ヒーリングー・カフェ フレンチ・カフェ スカっとさわやか・カフェ エレポップ・カフェ
レトロモダン・カフェ レトロポップ・カフェ シューゲイザー・カフェ 南国・カフェ
和・カフェ
ウッドストック 〜愛と平和と音楽の3日間〜DVD
cover
ウッドストック...WOODSTOCK THE 3DAYS OF PEACE & MUSIC...
1969年に開催されたウッドストック・フェスティバルの模様を記録した映画。
ディレクターズ・カット版では、ジャニス・ジョプリンらの映像が新たに追加。フェスティバルの全貌がさらに明らかに…。「愛と平和」にあふれたヒッピー達の様子。そして、エネルギー爆裂のザ・フー、30年早かったギャグ・センスのシャナナ、エアギターを掻きむしるジョーコッカー、凄まじい演奏でその名を広めたサンタナ、呪術的なスライ&ザファミリーストーン、リッチーヘブンス、それにテンイヤーズアフター。やがて観客も少なくなり白々とした朝方に登場するジミ・ヘンドリックス。その感動的で伝説となったアメリカ国家の演奏。そして、そのままエンディング曲のCSN&Yへと続く。「カッコいい」と呟いてしまう。

Copyright(C)2004   - Cafe Style and Mood  -  All right reserved