うつ病に関する本をご紹介。古くは、チャーチル、ミケランジェロ、ヘミングウェイ・・・。皆、うつ病にかかっていたんですね。
私の場合、うつ病になった事は「今までの自分に捕らわれない、新たな自分の生き方を考える」チャンスになったと思っています。

カフェスタイル、カフェムードの雑貨、インテリアや音楽、CDで、オリジナルなカフェ空間を作る●カフェを開きたい人やカフェを知りたい人は カフェの本がオススメ●カフェの種類も色々で、カントリーやモダン、レトロ。自宅では、最もリラックスした心地よい「おうちカフェ」スタイルを!
2005年 医者から病名を告げられ「あぁ、自分はうつ病なんだ」…
 そう思った時は、さすがにボーッとして、しばらく思考が止まりました。
 家内に相談して…、結局、会社を辞めて…
 そして、自分らしく生きることにしたのです。

カフェ本
和カフェミュージックCD
カフェDVD

照明機器・ペンダント&シーリングライト
トースター
キッチンスケール,計り

シャビーシック・ジャンクスタイル&ラスティ



シンプル,ナチュラルな女子服,ファッション情報



うつ病に関する本をご紹介
驚いたことに、俳優の高島忠夫さん、竹脇無我さん、ウッチャンナンちゃんの番組でダンスを教えていた先生、古くは、チャーチル、ミケランジェロ、ヘミングウェイなど・・・。
うつ病にかかっていたんですね。

私の場合、うつ病になった事は「今までの自分に捕らわれない、新たな自分の生き方を考える」チャンスになったと思っています。→ eien Aloha の プロフィールへどうぞ。


ツレがうつになりまして。
サラリーマンだったツレ(夫)が、ある日突然「死にたい」と言い出した! 嫁とともに送る生活の中で回復していく彼の姿を、ユーモアあふれるマンガで描く
かわいいダンナとほっこり生活。
「ツレがうつになりまして。」の実質的な続編であり、2冊で1冊と言える本。足りなさを感じる方、是非ご一緒にどうぞ
その後のツレがうつになりまして。
「ツレがうつになりまして。」待望の第2弾。ありのままを受け入れたツレが1年半経ってどう変わったのか。近況や病気との向き合い方などをユーモアあふれるマンガで綴る1冊。

ぐーぐーBookー気持ちよーく眠りたい
眠りにまつわる話の真偽や気持ちよく眠るためのノウハウ+αをエッセイとイラストでご紹介。「8コマコラム」収録。部屋が暗すぎると眠れない!?お酒を飲むと眠れない!?辛い料理を食べると眠れない!?ってホント?お役立ち…エッセイ。
精神科に行こう!
心のカゼをひいてしまったら?精神科ってどんなところ?世間のイメージは間違っている。漫画と文章で分かり易く綴る爆笑通院体験記。仕事でのストレスを抱え込み、パニック障害になってしまった著者。いくつかの治療法を渡り歩いた末にたどり着いたのが、精神科。漫画と文章で、楽しく分かり易く綴る爆笑通院体験記。
ひらきなおって行こう!
精神科に行こう!〈2〉
心のカゼを治す108の方法

精神科に通う以前から日々実践してきた、ネガティブな精神状況下においての生きる術を綴った。「なんか自信ない、弱気、どーすればいいかわからない」 そんなときの対処法。がんばらないでヒラキナオレル108の映画、音楽、本等の治療エッセイ。

メンタル・クリニックへ行こう!ー精神科医が見た、ビジネスマンの"心の破滅"15の危機
ビジネスマンを中心に急増中の「心の病」。発病を促すストレスから末期の病状までを実例とともに紹介。「心のお手入れ」の重要性を説く。気鋭の精神臨床医グループによる心の健康診断書。心の健康状態がチャートでわかる。
うつ、その深き淵よりーある精神科医の闘病記録
高名なオランダの精神科医が、引退と体調の悪化を契機に、激しい妄想を伴う重症のうつ病患者になってしまった。地獄のような苦しみをなめながら、ほとんど奇跡的に回復した後に執筆された闘病記。
うつと不安の認知療法練習帳
基礎になっているのは、認知療法という考え方。認知療法は、考え方のゆがみに気づき、それを変えることによって行動の改善を図ろうとする療法で、今日の心理療法のなかでも特にうまくいっているアメリカの心理療法。その認知療法を、一般読者が自分で使える様、工夫された練習帳。

凄絶な生還、うつ病になってよかった
竹脇 無我 (著)
父の自殺、次兄の夭折、長兄の失明、自身の離婚…。頭の中が「死にたい衝動」で埋め尽くされる-。うつ病地獄に落ちた著者が「また芝居がしたい」と再生するまでを綴った闘病手記。うつ病を正しく知る参考にもなる書

「うつ」への復讐
カッパ・ブックス
高島 忠夫 (著)
闘病中、ぼくは母の死を2年半知らされずにいた。そして、妻は家中の包丁を隠した…。高島忠夫を襲った重度のうつ病。母親の死を知らされずにいた経緯と家族の苦悩。5年余りの闘病生活を克明に、ありのままに綴る

「定年うつ」私はこうして乗り越えた
小川 宏 (著)
60歳、第2の人生、うつ!
誰もがかかる「心の風邪」を治す考え方と生活術!!「心のがん」になる前に!私が全身を他人には絶対にわからない倦怠感に襲われたのは、平成3年の冬でした。あるとき、風邪をひいたような症状で1週間ほど寝込んだのです。…本文より抜粋

リセット 私はまた踊る
うつ病と闘った1826日の記録

watari (著)
TV「ウッチャンナンチャンのウリナリ!」で有名になった金髪のユニークな振付師は、実は重度のうつ病と闘っていた…。彼はどのようにしてうつ病を克服していったのか。うつに悩んでいる人などに向けての力強いメッセージ

やまない雨はない?妻の死、うつ病、それから
倉嶋 厚 (著)
感涙のベストセラー、ついに文庫化!
妻の急逝に茫然自失、自殺を試みついに精神科に入院、ようやく回復するまでの嵐の日々を、元NHKお天気キャスタが率直に綴る。
妻の入院、末期ガン宣告。長年連れ添った妻の急逝に茫然自失、自殺未遂。精神科入院、回復までの嵐の日々。

"私"はなぜカウンセリングを受けたのか?「いい人、やめた!」母と娘の挑戦
東 ちづる (著)「いい子でなくていい」「頑張らなくていい」「私はわたしでいい」。現代人の心の闇に向き合う感動の記録。本当の自分と向き合うことを決意した
「アダルト・チルドレン」であると認識した女優の東ちづるさんのエッセイと、母親と二人で受けた9回のカウンセリングを掲載

精神科医がうつ病になった
ある精神科医のうつ病体験記

泉 基樹 (著)
治療に熱心なあまり自らもうつ病に陥ってしまった現役精神科医が書き下ろす体験記録。親友の自殺を経て、自らの発病から恋人と友人たちの支えによって回復するまでを綴った手記

消えてしまいたい―ある女子大生の鬱病日記
川上 涼子 (著)
主だった理由もなく。それなのに陥った、鬱。しばしば頭の中で「死にたい」コールが巻き起こる…。希望に満ちた大学生活を送っていた女子大生をおそった鬱という病い。他人には理解されにくい苦しみを赤裸々に綴った日記

癒しの季節ノート
倉嶋 厚 (著)
人生は、木枯らし、時雨、そして小春日和……。季節を伝えてきた50年のベテラン気象予報士が、うつを乗り越えた今、静かなる輝きの時を綴る。平野隆久と亀田竜吉による季節の美しさを捉えた写真を添えた、人生の希望を共感させるエッセイ集。

ビジネスマン「うつ」からの脱出
楠木 新 (著)
うつに苦しんだ著者が、医師を訪れる、診断書をもらう、会社の上司に報告する、療養休暇の手続きをするなど、具体的な対処法とともに、どうやってうつから脱出したかを紹介。平凡にして普遍的な、あるビジネスマンの手記

お日さまセラピー セロトニン生活のすすめ
朝の目覚めが悪い、物事に集中できない、ストレスを感じている、ついつい食べ過ぎてしまう…セロトニン欠乏を知らせるサインに気づいていますか?毎朝たった5分で目覚めるキレイと元気の元「脳内セロトニン」。心と体のスッキリ爽快を手に入れる。

朝の5分間 脳内セロトニン・トレーニング
薬に頼らず、心と体がみるみる健康になる。
セロトニン・トレーニングは、朝の5分が勝負。セロトニンにはいろいろな働きがある。「こころ」を演出するセロトニン。セロトニンのメカニズム。朝5分で簡単にできるセロトニンを増やす法。余裕のある時にはこんなことをやってみよう。

うつ病の人の気持ちがわかる本
保崎 秀夫 (著)
本書では、まずうつ病に関する正しい知識を、しっかりと身につけてもらい、そのあとで家族はどのようなケアをしたらよいかを、事例をまじえながら具体的に説明していきます。大切な人がうつ病にかかったら、あなたはどうしますか? うつ病を早期発見、早期治療し、再発を防ぐために家族はどのようにサポートすればよいかを最高権威が解説

うつ-もう一つの解決法
「心の問題」では解消できない症状は、脳の生化学反応がアンバランスなために起こっているのかもしれない。脳内物質の過不足によって起こるさまざまな症状を、サプリメントで治す20年にわたる実践と集大成。

うつ病の相談室
林 公一 (著)
うつ病は治ります! 毎月のアクセス数50万を超えるサイト「Dr林のこころと脳の相談室」に寄せられた質問メールをもとに、うつ病の患者、家族、職場の上司などの質問に答えるQ&A

あなたの「大切な人」がふさぎ込んだら
ローラ・エプスタイン ローゼン (著)
ハビエル・F. アマドール (著)
冨田 香里 (翻訳)
元気のない「あの人」をなんとかしてあげたい

軽症うつ病―「ゆううつ」の精神病理
講談社現代新書
笠原 嘉 (著)
第3の「ゆううつ」…脳に大きな障害はなく、原因となりそうな身体病もなく、内分泌疾患もなく、はっきりした心因的環境的な出来事もない。ひとりでにおこってくる生真面で心やさしい人々をおそう「ゆううつ」、不安、おっくう感。軽症化しつつ増加している「理由なき」現代的うつ状態への対処法と立ち直りの道筋を明快に説く

アカルイうつうつ生活
上野 玲 (著)
様々な『うつ病に関する疑問』に実感を込めて答えることができるのは、医師ではなく、患者自身であるはずだ」うつを抱えて暮らす著者がみつけた「実践スローライフ法40」「うつバカでいこう」がテーマの本


うつを体験した仲間たち
うつ病のセルフヘルプグループ実践記

近藤 喬一 (編集)
うつ病に苦しむのは、けっして自分だけではない。日本発のうつ病自助グループに設立から携わったメンバーが、その実態やうつ病克服にどう役立つかなどをまとめる

ようこそ鬱へ―知られざるそのパワー
フレデリック・F. フラック (著), Frederic F. Flach (原著), 斎藤 茂太 (翻訳)
鬱は誤解されている。それは人間を束縛から解き放し、豊かな創造力、しなやかな適応力を生み出す力の源泉なのだ。初版発行後10年を経過、その後の新たな研究成果等を大幅に加筆・訂正した改訂新版

うつ 家族はどうしたらよいか
兆候・治療・接し方・再発防止 迷い、悩んだとき

西村 由貴
急増する「うつ病」。家族や身近な人がこの病気になってしまったとき、どう接したらよいか悩むものです。そんな家族のために、基礎知識から治ってからのケアまでを解説します


がんばりすぎてしまう人へ
心の姿勢を変えれば、本当の幸せが見えてくる

加藤 諦三 (著)
あなたが本当に求めているものは何?風の匂いに幸せを感じる瞬間がありますか? 「あれも、これも」ではなく、本当にやりたいことを見つけよう。自分自身を生きるため、今を大切に生きるための心の処方箋

どうする!
身近な人の「うつ」

上野 玲 (著)
夫・恋人、親、子供(小学生以下・成人)、上司、部下など、身近な人が「うつ」になった時の対処法を詳しくアドバイス。うつ病体験者の著者が「うつ」に悩む人との接し方をQ&A形式でわかりやすく解説

課長かっちゃん「うつ」からの生還
武田 克也 (著)
エリート課長はどのように焼身自殺未遂にまで追いつめられたのか。過酷な職場環境で誰もがなりうる危険な病。地獄を乗り越えた体験記を中心に、早期発見・治療の大切さを訴え、予防法、克服法の解説



ハワイ画像のAloha eien Aloha OLIOLI-HAWAII 犬画像、旅行、サギ草の育て方、エッセイなどなど ハワイ雑貨,ハワイグッズ,アメリカ雑貨,アメリカグッズ,ハワイ風の生活 犬グッズ,雑貨,生活用品,愛犬とずっと一緒に元気に!
妙典 東京メトロ東西線 一番新しくて超人気の街 妙典 のアパートメント 情報 フェアリーハイツの入居 予約 内見 問い合わせ
ハワイ画像のAloha eien Aloha●ハワイ の画像,ハワイ旅行,ハワイ旅行日記や愛犬アロハ,ロコ,モアナ,コナ画像&紹介 OLIOLI-HAWAII●ハワイ雑貨,グッズ,アメリカ雑貨,グッズ紹介。ハワイみたいにハワイ風の生活を考える Dog-Goods-Daa●犬雑貨,グッズ,愛犬の生活用品のご紹介「いつまでも元気で一緒に幸せに暮らしたいを応援 東京メトロ東西線沿線,人気の街の妙典,南行徳,ペット可,賃貸アパート情報,入居,見学予約,妙典と南行徳の街情報

Copyright(C)2004 - coconuts Smile - All right reserved.